2006年09月29日

独り言

格差社会、勝ち組負け組という言葉が流行り、すっかり定着した現在だが
意識しないよう努めていても、否が応でも比べてしまうのが人間の性であり。


資本主義の日本で生活していれば、人生の勝者、敗者を痛感する場面は
多々あろうことかと思う次第。無論、そのような実のない勝ち負けなどとは
無縁の生活を営む者は、若干はいるであろうが、それは本人が意識して
いないだけの問題であり、資本主義的には勝敗は決してしまうわけで。


この無常なる現代日本において、一体何人の者が、自分は幸福であると
胸を張って言えるのであろうか?そもそも、幸福の定義すら、霧中を
ふらふらと漂う始末。「生きる事とは戦うこと」と、かの有名な
ローゼンメイデンの第5ドールは言い放つも、現世に生きる我らには
あまりに過酷な試練である。




話は変わるが。




人間は2種類に分けられるのではないか、と最近常々思う。


1.自ら動く者
2.自ら動かない者


たったこれだけである。
動く、というのは、色々意味が込められているのだが、それは個人で
考えるということで、自分の現状に当てはめて考えてもらいたい。


最後に、一つだけ言えることは、どちらが幸福な人生を送れるかは
断定できないが、動かない者など、誰からも必要とされないということであり
自己の完結した世界で、せいぜい夢想の城にて暮らすしかない、ということである。
posted by 閣下 at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。